<< 兄弟喧嘩、なくてヨカッタヨ(゚o゚)笑。 | main | あんまりない(゚o゚)。 >>


#2015.10.30 Friday    スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |


#2009.03.29 Sunday    『DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン』
いつから三部作になったのかよくわからないけども(んはは)、二宮さん感動ドラマ三部作最終章ということで。今回の『DOOR TO DOOR』、その三作のなかでいちばん好きな作品かもしれない。
こう言ったらなんだか言葉に語弊があるかもしれないけど…ばんばん感動させてわんわん泣かせます!みたいないわゆる、「お涙頂戴」的なドラマではないのが良かったなぁ、と。

二宮さん演じるひでちゃんの、自分のやりたいことを一生懸命直向にやる姿や、少年のような笑顔にほのぼのしたり、樋口さん演じるお母さんがとっても素敵だなぁ(゚o゚*)…なんて思いながら観てました。ローサちゃんの、あの何の屈託もない普通な女の子な感じもなんだか良かったです。
「やりたいことと出来ることは、必ずしも別じゃない」―――お母さんの愛ある言葉はどれも印象的だったけど、いちばん心に残ったのは、ひでちゃんがお母さんと最期に交わしたこの言葉です。

すごく感動的で号泣させられるような作品も嫌いではないけど、こうやって、ほっこりと暖かい気持ちにさせられて、ほろっと自然に涙もこぼれるような作品がとっても好きだなぁ。 


| ARASHI | comments(0) |


#2015.10.30 Friday    スポンサーサイト
| - | - |


comment


コメントする